日本農薬国内営業のスローガン

キャッチコピー: 明日の農業を考える

日本農薬は、2012農薬年度から「明日の農業を考える日農」を新たなキャッチコピーに、国内における営業活動を推進していきます。私たちがこのキャッチコピーに込めた想い。それは文字通り、農業の未来に貢献することです。
営業担当者が農業の生産現場をまわり、汲み取った現場のニーズを製品開発に生かす。農家の方々と直接コミュニケーションを重ね、農業の現場をきめ細かく支援する。地域密着営業による企業活動を通して、引き続き生産者の方々にソリューションを提供し、品質の高い農産物の安定生産に貢献していきます。
また、東日本大震災後には、従来のニチノー奨学金に加え、被災地域の農業大学校に向けた「復興支援奨学金」を設立しました。将来の農業の担い手である農業大学校の学生の方々を支えることで、農業の復興支援の一助となることを願っています。
日本農薬は、安全で安定的な食の確保と、豊かな緑と環境を守ることを使命として、農業の未来のために今後も事業を展開していきます。

PAGETOP