床下、シロアリに関するお問い合せは〜03-6361-1417 シロアリ・床下全国無料点検実施中
 

HOME > [床下まめ知識]床下の湿気とカビについて

床下まめ知識その3
床下の湿気とカビについて

写真:腐朽菌木材腐朽菌について

 木材腐朽菌とは、木材を腐らせる菌で、きのこの種類の1つです。
住宅に対し腐れの被害を与える菌です。
繁殖温度は、25〜30℃が最適温度とされています。比較的低温でも活動を行います。
住宅の中で腐れが発生しやすい場所は、床下、浴室、台所等の水廻り部分等の湿気が多い場所です。
このような場所は、腐朽と同時にシロアリの被害も受けやすい傾向にあります。
調湿対策だけでなく、シロアリの予防工事も同時に行われることをお勧め致します。

床下のカビについて

 床下に発生するカビは、主に木材の表面に付着し汚染します。
床下のカビは、木材腐朽菌と違い木材を分解する(腐らせる)能力はもっていません。
木材に対して腐朽などの被害はありませんが、カビが繁殖することにより、居住者に対しアレルギーや喘息の原因となる恐れがあります。




(c) シロアリストップドットコム [≫情報保護方針][≫プライバシーポリシー
日本農薬株式会社[化学品部]
TEL.03-6361-1417 FAX.03-6361-1454
E-mail:kagakuhin@nichino.co.jp