ふじの会メルマガ会員募集

ふじの会メールマガジンサンプル記事

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 /^^^\ ふじの会通信 農薬FAQ更新のお知らせ 20XX.XX.XX
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ふじの会メールマガジン会員様

日本農薬株式会社ホームページ:http://www.nichino.co.jp/

今回のメニュー>>────────────────────────

1.農薬FAQ更新のお知らせ

◇◇◇──────────────────────────────
1.農薬FAQ更新のお知らせ
──────────────────────────────◇◇◇
当社のカスタマーサービスチームへのお問合せや
営業活動を通じてお客様よりいただいたご質問への回答を紹介する
コンテンツ「農薬FAQ」に新しい記事を掲載しました。

新たに掲載した記事を抜粋してお送りします。
今回は銅殺菌剤に関する内容をまとめました。
─────────────────────────────────
◇銅殺菌剤について

Q 銅殺菌剤とはどういったものなのでしょうか?
A 金属である銅の持つ殺菌効果を利用した殺菌剤です。
銅剤には塩基性硫酸銅などを有効成分とする無機銅剤と
8-ヒドロキシキノリン銅などを有効成分とする有機銅剤、
さらに銅剤に他の殺菌剤を組み合わせた混合殺菌剤などもあります。
---------------------------------
Q 銅の殺菌効果とはどういった作用なのでしょうか?
A 銅は作物上の水分中で銅イオン化します。
その銅イオンが病原菌に取りこまれ病原菌の生理活性を
抑制することにより殺菌作用を発揮します。
---------------------------------
Q 無機銅剤と有機銅剤では効果面ではどういった違いがありますか?
A 両方とも主に細菌性病害、糸状菌病害に防除効果を発揮します。
無機銅剤は銅そのもの含有率が高いので糸状菌病害に比べて
細菌性病害に対して高い効果があります。
有機銅剤は無機銅より菌への透過性が高く、
細菌に比べ細胞膜の厚い糸状菌性の病害に高い効果があります。
ちなみにどちらも予防効果になりますので、病害の発生前に
散布することにより高い効果を得られます。
---------------------------------
Q 無機銅剤と有機銅剤では安全性面ではどういった違いがありますか?
A 無機銅はポジティブリスト対象外物質ですので、一部例外を除き、
使用時期や回数の制限がありません。 但し、作物によっては
使用時期や連用により薬害発生リスクがありますのでご注意ください。
有機銅は無機銅にくらべ薬害発生リスクは小さいですが、
他の化学合成農薬と同じく使用時期や回数の制限があります。
─────────────────────────────────

農薬FAQのURLはこちらです。
http://www.nichino.co.jp/products/page_10011.html
弊社の農薬についてのご質問や一般的な農薬使用上の注意事項に関して
ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

─────────────────────────────────
このメールは「ふじの会」に登録いただいたメールマガジン会員の方に
メールマガジンの停止(退会)は、以下のURLからお願いします。
http://www.nichino.co.jp/products/page_10016.html
─────────────────────────────────
編集:ふじの会事務局 日農太郎 発行:日本農薬株式会社
〒103-8386 東京都中央区京橋1丁目19番8号 TEL 03-6361-1414
E-mail:fujinokai@nichino.co.jp
─────────────────────────────────
 (C)COPYRIGHT NIHON NOHYAKU CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED

PAGETOP