当社製品施工実績

名称 京都府:真正極楽寺 (重要文化財)
説明  真正極楽寺(しんしょうごくらくじ)は、京都市左京区にある天台宗の寺院で通称・真如堂(しんにょどう)と呼ばれる。戒算上人が984年(永観2)延暦寺の常行堂の阿弥陀如来像を神楽岡に安置したのが始まりである。応仁の乱のあと各所を転々としたが、1693年(元禄6)現在地に落ち着いた。お十夜(浄土宗の重要な仏教行事)は、ここが発祥。
 平成26年6月の本堂の防蟻工事では、クロスガードSC(土壌処理剤)とクロスガード20WE(木部処理剤)が採用された。
名称 兵庫県:中山寺
(兵庫県指定重要有形文化財)
説明  中山寺は兵庫県宝塚市にある真言宗の寺院。寺伝によると聖徳太子が建立した日本最古の観音霊場である。ご本尊は十一面観世音菩薩。世継ぎのなかった豊臣秀吉が祈願して秀頼を授かったとされ、現在の本堂(1603)や護摩堂は秀頼が片桐且元に命じて再建されたものである。また、幕末には明治天皇の御生母中山一位局が安産祈願をして御平産されたことから、安産の観音さまとして皇室、武家、庶民より深く信仰を集めた。毎月の戌の日には、安産を願って、鐘の緒(祈祷を受けた腹帯)を頂くために、日本各地から多くの参詣者が訪れる。
 平成26年7月の防蟻工事では、クロスガードSC(土壌処理剤)とクロスガード20WE(木部処理剤)が採用された。
PAGETOP