日本農薬株式会社 「農業 × 人材 × 未来」 RECRUITING

ENTRY Sitemap in English MENU MENU

生物研究(開発)「見込みのある化合物を実用化へと導く」
K.I.

総合研究所
生物ユニット 昆虫グループ
(現:マーケティング部 技術普及グループ)
2007年入社
農学府生物制御科学専攻修了

高校時代、化学や生物の授業を非常におもしろく感じたことから、大学では生物化学分野へ進学。大学院では、生物制御科学を専攻し、修士論文でハスモンヨトウに関する研究を手掛ける。その経験を活かせる企業として、日本農薬に就職した。

点を面に

生物ユニットには、探索と開発という2つの役割があり、開発は一定レベルの活性が確認された化合物を探索から引き継いで、実用化に向けた研究を行います。例えば、昆虫グループに所属してチョウ目剤を担当している私の場合は、野菜や果樹に害を及ぼす蛾の幼虫「ハスモンヨトウ」に高い活性を示した化合物が、モンシロチョウの幼虫であるアオムシなど他の害虫にも効果があるのか調べたり、園芸分野だけでなく水稲分野でも使用できないか検討したりします。また、様々な圃場環境で安定した効果を発揮できるように最適な使用方法を提案したり、製剤ユニットと連携しながら最適な製剤処方を選抜したりします。

もう一つ、既存製品の最大化、最長化を目指して、新しい適用分野を探るのも、私たちの仕事です。「過去、問題視されていなかった害虫が増えたから既存製品の中から効くものを探してほしい」「薬剤の効果が低下しているようなので、効果低下の要因解析と有効剤を調べてほしい」など、マーケティング部や製品開発ユニットなどからの依頼に応じて、既存製品の効果を再検証して、その結果をレポートにまとめ、依頼部署へ報告します。

地道な中に

昆虫に薬剤を処理して効果を調べる圃場試験は、とても地道な作業です。薬剤をイネや野菜、果樹に散布して、数日経ってから寄生している害虫の数を1頭ずつカウントしていきます。そして、生物試験では昆虫や植物の生態を理解することはとても大切です。圃場での薬剤の効果をより高いところまで引き出したり、圃場試験を室内試験で再現するには、生態を把握していなければできません。また、薬剤を植物に根から吸収させて植物を食べにきた害虫の体内へ取り込ませたり、幼虫の皮膚から取り込ませたりするためには、生態に加えて生理化学や有機化学の知識も必要になってきます。

こういった地道な作業を積み重ねて、正確な試験を行うことこそ大切なのだと思っています。合成ユニットと探索担当者の間で、合成と生理活性評価を繰り返し、農薬の素質ありと判断される化合物は、ごくわずかしかありません。おそらく1%にも満たないのではないでしょうか。それほど希少なものを受け継ぐわけですから、製品化への道筋を探り、その可能性を広げる立場にある開発担当者の責任は、とても重いと考えています。また、そこにこそ、この仕事の面白さがあるとも感じています。

タイムマネジメント

日本農薬で研究開発に携わるようになって痛感していることが、“時間の管理”の重要性です。一定期間内に成果を求められる企業では、効率が要求されます。そのため、自分の力量を把握して、作業に要する時間を予測しながら行動しなければなりません。しかし、何事においてもスピードが最優先というわけでもありません。化合物を散布してから結果を得られるようになるまでには一定期間待たなければならないため、失敗するたびに大きく時間をロスしてしまいます。それを避けるには、仮説の精度の高さが必要であり、じっくり考えることが大切になります。どこに時間をかければ、全体の時間を短縮できるのか――優秀な先輩方は、知識の豊富さや発想の柔軟性だけでなく、こういったタイムマネジメントにも長けていると感じています。

大学院の卒業式にて友人と一緒に。

社員一覧