動物実験に関する倫理的配慮

 当社及び当社グループは、「動物の愛護及び管理に関する法律」及びそれに関連する指針等に則り、動物実験に関する社内規定を定めています。
 また、動物実験委員会を設置し、動物実験の必要性を検討した上で、必要な場合にはすべての動物実験計画が3Rの原則(代替法の利用:Replacement、動物利用数の削減:Reduction、動物の苦痛の軽減;Refinement)に基づいて策定されているかについて事前に審査し、適正に動物実験を実施しています
 さらに、動物実験の実施状況等について自己点検・評価を行い、動物実験の倫理性と科学性の維持・向上に努めています。 以上の取り組みは、第三者評価機関である公益財団法人ヒューマンサイエンス振興財団の動物実験実施施設認証センターによって指針に適合した施設として認定されています。
認定証
PAGETOP