明日の信州の農業を考える

明日の信州の農業を考える
日本農薬は、現地圃場での試験活動などを通じて、地域のお客様のニーズにお応えする製品の普及販売活動を行っております。
当コンテンツでは、長野県での活動にクローズアップして、試験の様子やお客様のご意見などを配信いたします。

最新記事(2018年4月12日)

今日は須坂市のりんご圃場での防除作業です。
本当は3月30日に実施しようとしていたのですが、その日は強風であったため延期していました。

当日のりんごの木
[写真:当日のりんごの木]

りんごの蕾は順調に大きくなっており、あと10~14日くらいで開花すると思われます。
平年に比べるとかなり早い生育になっています。

りんごの蕾の様子
[写真:りんごの蕾の様子]

またここ数日は暖かい日が続き、また降雨も適度にあったので、黒星病の感染が非常に心配される気象条件になっています。
この須坂市のりんご圃場の面積は、昨年借りていた安曇野市の圃場と比べると倍以上になるため防除作業や一般管理が大変です。
この日は私1人しか圃場に来られなかったのですが、黒星病をしっかりと抑えるためには防除を延期するわけにはいかないので、1人で作業を行いました。
久しぶりの果樹園での防除作業でしたが、なんとかスケジュール通りに終えることができました。
次は開花直前にハマキムシ、黒星病、うどんこ病の防除をしたいと思います。

りんご圃場と噴霧器
[写真:りんご圃場と噴霧器]

また圃場内の雑草が大きくなり、噴霧器を移動させづらかったので、次の防除までに下草管理もしなければなりません。

過去の記事

お勧め製品・ピックアップ情報のお問い合わせ

03-6361-1414
技術普及部カスタマーサービス
※国内の農薬に関するお問い合わせ(ご購入や価格についてのお問い合わせは、お近くのJAや農薬販売店などにお願いいたします)
PAGETOP