フロストバスター 特設ページ

低温予報の前日に散布!フロストバスター
 『フロストバスター』は、飲料メーカーのアサヒと関西大学発のベンチャー企業KUREiが共同で実用化した農業資材です。コーヒー粕を活用した本資材の特長や効果などをご紹介します。
 

■凍霜害と対策

 明け方の急激な気温低下に伴って発生した霜が、花芽や葉の細胞を部分的に破壊して農作物に被害を与える“凍霜害”。日本国内では3~5年に一度の頻度で大規模な被害が報告されています。被害が報告されているのは、なし、りんご、もも、かき、うめなどの果樹、野菜から花き類など多岐にわたっており、生産者の所得低下や離農者の発生など、農業の持続性に深刻な影響を与えています。
 凍霜害に対して、農業界は手をこまねいているわけではありません。設備(ファン、スプリンクラー)が市販されているほか、不織布を掛ける、また夜を徹して焚火をするなどの対策が行われています。しかしながら、設備にかかる費用や効果、労働生産性の問題もあり、どれも凍霜害に対する決定打といえるものはないのが現状です。比較的安価で効果の高い防霜資材が求められている今、フロストバスターが注目を浴びています。

 

■フロストバスタープロモーション動画

凍霜害が発生する仕組みやフロストバスターの効果を紹介しています。
 

■対象作物


 

■使用方法


 

■使用上の注意


 

■試験実績





 

■製品チラシ


※画像をクリックするとPDFデータでご覧になれます(4.0MB)
 

■本製品へのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

 ☎ 03-6361-1414

 技術普及部カスタマーサービス
 営業時間:平日9:00~12:00、13:00~16:30

フォームからのお問い合わせ
>お問い合わせフォーム

 ※「国内の農薬に関するお問い合わせ」を選択ください。

PAGETOP