日農フィールドレポート

日農フィールドレポート
日本農薬は、現地圃場での試験活動などを通じて、地域のお客様のニーズにお応えする製品の普及販売活動を行っております。
これまで長野県での活動にクローズアップし、「明日の信州の農業を考える」というコンテンツで情報発信を続けておりましたが、これからは「日農フィールドレポート」として各地の試験の様子やお客様のご意見などを配信いたします。

埼玉県:2020年9月16日

今回は埼玉県熊谷市に訪問しております。

ブロッコリーの黒すす病防除のため、薬剤散布を行いました。


[写真:当日の圃場の様子]

ブロッコリーの黒すす病は葉に発生すると花蕾にも発生する可能性が高くなるため、定植後早めの薬剤散布が大切です。
経過観察を行い、薬剤の効果を確認していきます。
 
訪問した生産者さんの別の圃場では、マコモタケという作物が栽培されていました。


[写真:マコモタケ栽培圃場の様子]

マコモタケは中華料理の食材に多く使われるとのことで、炒めたらタケノコのような食感で美味しかったです。

青森県:2020年9月4日

相変わらず天気の良い日が多く、暑い日が続いています。
 
りんごは早生品種の収穫真っ只中ですが、
赤く色づいてきた果実が写真のように傷つけられることがあります。


[写真:鳥害を受けたりんご果実]

カラス?かムクドリ?によるものと思いますが、
収穫間近の被害はガックリきてしまいます。
有効な予防措置があればよいのですが…
 

新潟県:2020年9月3日

本日は新潟県の燕市に訪問しております。

近年、水稲の生育期においては、高温が継続する傾向が続いています。
水稲の登熟期が高温になると、品質が低下する「高温障害」が起きています。
具体的にはお米に白未熟粒が多くなったり、登熟歩合が低下して品質が悪くなってしまいます。


[写真:試験圃場の様子]

そこで白未熟粒発生軽減や登熟歩合向上効果を持つ薬剤の試験を実施しており、
水稲の生育調査と一部刈り取りをして研究所で分析します。
後日分析の結果が出るので、効果を確認できるのを楽しみにしています。


[写真:刈り取り試験の様子]

本日は最高気温が40℃まで上がり、9月としては新潟県の最高気温になったそうです。

まだまだ暑い日が続くかもしれません。

青森県:2020年8月27日

青森県からのフィールドレポートです。

ここ最近は天気の良い日が多く、虫の活動が活発な印象です。

りんご圃場を観察していると
ヨトウガらしき蛾の成虫がいました。


[写真:りんごの葉に止まるヨトウガ]

りんごの害虫としてはマイナーですが
写真のように産卵し、幼虫が葉を食べてしまうことがあるようです。


[写真:りんごでのヨトウガ被害]


[写真:孵化後のヨトウガ卵]

群馬県:2020年8月18日

群馬県嬬恋村にキャベツの試験のため訪問しております。


[写真:当日の圃場の様子]

お盆前にチョウ目対象の薬剤の散布をしており、調査を実施しました。
ウワバの発生が始まっていましたが、薬剤を散布した区画はウワバの発生を抑える事が出来ていました。


[写真:圃場で確認したウワバ]

次週再度調査を実施して、薬剤の残効性の確認を行います。

また病気の調査も合わせて実施しました。


[写真:キャベツ・軟腐病]


[写真:キャベツ・黒腐病]

菌核病対象の薬剤を試験しておりましたが、菌核病の発生はなく軟腐病・黒斑病などが発生していました。

群馬県:2020年8月5日

群馬県太田市にやってきました。
利根川水域の水はけの良い土壌でやまのいも栽培の盛んな地域で、「やまといも」という名称で販売をしています。

圃場達観
[写真:当日の圃場の様子]

本日はやまのいもの主要病害の一つである葉渋病について薬剤の効果確認試験を実施しました。
お借りした畑に薬剤を散布して、2週間後調査を行います。
一部葉渋病の罹病葉があり、注意が必要です。

葉渋病
[写真:葉渋病の罹患葉]

長梅雨の影響で生育が良くないとの事でしたが、本格的な夏に入りこれから生育はどんどん良くなっていくと思います。

群馬県:2020年7月23日

本日はキャベツの試験のため群馬県の嬬恋村に来ております。

当日の圃場の様子
[写真:当日の圃場の様子]

キャベツの主要病害である菌核病の農薬試験を実施しており、試験圃場の調査を行いました。
菌核病は子のう盤という小さなキノコをつくり、そこから飛び出した子のう胞子が生活力の衰えた下葉や葉・葉柄の傷口から侵入して病気を引き起こします。

子のう盤
[写真:圃場に発生している子のう盤]

試験薬剤を散布した区画は子のう盤の形成が少なかったですが、対照薬剤の区画には子のう盤が多く発生していました。
試験薬剤の子のう盤の形成阻害の効果を確認する事ができました。
今年は本当に梅雨らしい梅雨なので、病気の多発年になりそうです。

梅雨空
[写真:梅雨空]

茨城県:2020年6月26日

本日は茨城県の坂東市に来ております。
ネギの黒腐菌核病という土壌伝染性の病害の薬剤試験の調査のためネギの収穫作業を行いました。

ねぎ圃場の様子
[写真:ねぎ圃場の様子]

残念ながら試験区、対照区、無処理区と発病がありませんでした。
対象外の病気でさび病、葉枯れ病、白絹病が多発していました。

ねぎさび病
[写真:ねぎさび病]

ねぎ葉枯病
[写真:ねぎ葉枯病]

ねぎ白絹病
[写真:ねぎ白絹病]

雨が多く湿度が高いため病気が多発傾向にあります。
当日はカンカン照りで、日焼け止めを忘れてしまった私は、次の日肌がヒリヒリして大変でした。
梅雨の合間の晴れでも、お肌ケアは大切です。

過去の記事

お勧め製品・ピックアップ情報のお問い合わせ

03-6361-1414
技術普及部カスタマーサービス
※国内の農薬に関するお問い合わせ(ご購入や価格についてのお問い合わせは、お近くのJAや農薬販売店などにお願いいたします)
PAGETOP