日農フィールドレポート

日農フィールドレポート
日本農薬は、現地圃場での試験活動などを通じて、地域のお客様のニーズにお応えする製品の普及販売活動を行っております。
これまで長野県での活動にクローズアップし、「明日の信州の農業を考える」というコンテンツで情報発信を続けておりましたが、これからは「日農フィールドレポート」として各地の試験の様子やお客様のご意見などを配信いたします。

神奈川県:2021年10月21日

今日は神奈川県横浜市の野菜畑で「レイミーのAI病害虫雑草診断」アプリを鍛えるための画像の撮影と診断性能の確認をしました。
ちなみにこの圃場では画像収集やアプリのテストだけが目的ではなく、草刈りやマルチ張りや播種や定植といった農作業も自社で行っています。
一連の農作業を体験することで、新たなスマート農業の展開を考えるきっかけにしています。



[褐色化したキャベツの葉]

圃場を観察しているとキャベツの葉の端が褐色化している病害のような症状が見られました。
スマートフォンで何枚か写真を撮影してから、アプリを使って診断してみます。
 


診断画面からキャベツ、病害・食害を選択します。そして事前に撮影した画像を使って診断するのでギャラリーを選びます。

 

 
ギャラリー画像からだと5枚同時に診断をすることができるので便利ですね。
事前にいくつか撮影したものから特徴的な写真を5つ選びます。
写真を選んだあとは、診断したい病斑部が大きく中心になるように調整します。
この操作が正答率を大きく向上させる重要なポイントです。

 

 
全ての画像の調整が終わったらAI診断のボタンをタップします。
すると答えは5つとも「黒腐病」と判定されました。
念のため図鑑の情報を確認してみました。
図鑑に載っている生態情報や被害写真を見ると、圃場に発生した病害の特徴と一致するので、どうやら発生していたのは黒腐病で間違いなさそうです。

岩手県:2021年8月25日

今回は岩手県の八幡平市に訪問しました。

八幡平市はりんどうの名産地であり、様々な品種のりんどうが栽培されています。

圃場を巡回していると、りんどうの花に感染する花腐菌核病の菌核が発芽(キノコが発生)していました。



[写真:キノコが発芽した菌核]

この病気は8月下旬から10月末までの期間に多発しやすく、感染したりんどうは出荷出来なくなります。

品質維持のためにも薬剤などで防除することが重要です。

長野県:2021年7月19日

長野県飯綱町のりんご圃場にてダニの調査と試験散布を行いました。
昨日までの大雨が嘘のように、良い天気となりました。


[写真:当日のりんごの様子]
 
3区画の調査区のうち1区画でナミハダニの若虫を確認しました。
ナミハダニの若虫はとても小さく、20倍のルーペを使ってなんとか撮影できました。


[写真:りんごについたナミハダニ]
 
ダニは生活環が短く、増殖能力が高いことや薬剤抵抗性が発達しやすいことから、防除の難しい害虫です。
特にナミハダニは薬剤抵抗性が発達しやすい種であるためローテーション防除が重要になります。

青森県:2021年6月30日

青森県のりんご圃場でナシマルカイガラムシの被害果を確認しました。


[写真:樹幹に寄生したナシマルカイガラムシの雌成虫と幼虫]


[写真:ナシマルカイガラムシの被害果]


[写真:ナシマルカイガラムシの被害果(拡大)]

幹への寄生は春から見られましたが、
6~7月頃の幼虫発生にあわせて果実への寄生が目立ってきました。

越冬幼虫を対象に春先から防除するなど、
年間で対策をすることが、被害を減らすために重要です。

埼玉県:2021年6月18日

今回は埼玉県上里町を訪問しました。

ここでは水稲の育苗箱に処理をする薬剤の試験を行い、根の伸長および発根促進効果を確認しました。
試験区を観察したところ、苗の根の張りは良く、発根促進効果を生産者にも実感して頂けたと感じています。


[写真:根の張りの様子]

「苗半作」という言葉があるほど苗作りは栽培において重要な工程になりますので、
この薬剤で生産者の手助けになればと思っています。


[写真:水稲の苗の様子]


 
同じく上里町のねぎ圃場にも訪問し、ねぎの軟腐病防除のために薬剤を処理しました。
また、圃場を観察するとネギアザミウマの発生が見られました。
今後はねぎに発生する害虫の防除薬剤の試験も行っていきます。


[写真:当日のねぎ圃場の様子]

青森県:2021年6月15日

青森県のりんご圃場で展開途中の葉っぱにアブラムシの寄生を確認しました。
ほとんどは無翅虫(黄緑色)でしたが、なかには有翅虫(黒色)も寄生していました。

ユキヤナギアブラムシはりんごに直接的な被害を及ぼさないとされていますが、
作業していると作業者の体の至るところにアブラムシが付いてしまうので
快適な作業のためにもあまり発生はさせたくないところです。

有翅虫は飛んで移動することで新しい寄生先を探しているので、
新しい葉の展開が盛んな今の時期は防除が大変です。


[写真:新葉に寄生している無翅アブラムシ]


[写真:新葉に寄生している有翅アブラムシ]



また、ヨトウムシが葉裏から食害している様子も確認しました。
青森も夏に近づき、害虫の発生が活発になっています。


[写真:葉に寄生しているヨトウムシ]



一方で、アブラムシの天敵と思われるヒラタアブやカゲロウの卵も確認しました。
このような「益虫」の存在によりアブラムシの密度が抑えられる場合もありそうです。


[写真:クサカゲロウの卵]


[写真:ヒラタアブの幼虫]

奈良県:2021年6月12日

今回は法隆寺で有名な奈良県安堵町に訪問しております。
この近辺は水利の関係のため、6月の上旬から中旬にかけて田植えを行っています。
そのため、周りの圃場の生産者さんたちも田んぼに入って代かきや田植えなどの作業を行っていました。
 
本日は私たちも試験区の田植えを行いました。
基本的には、田植え機で苗を植えていくのですが、機械が入りにくいコンクリート製の畔際や角の部分、
地面が凸凹している部分などは苗がきれいに植えることができません。
そのため、水田に入って手作業で補植を行う必要があります。
手作業での田植えは簡単そうに見えますが、実際にやってみると中々難しく、真っ直ぐ歩くことさえも一苦労でした。


[写真:補植前の植え残しの様子]
 
半日かけてなんとか試験区2面の田植えが終わりましたが、補植を終える頃には身体はもうヘトヘトでした。
本日の田植え作業で農作業の大変さと生産者さんの凄さを身に染みて感じました。
来週はこの試験区に水稲用初期除草剤の散布を行う予定です。
田植え時には雑草は全くと言っていいほど生えていませんでしたが、
雑草は気付いたら大量に発生してくるため侮れません。
 

[写真:田植え後の水田の風景]

これからの時期は水田雑草がどんどん発生してくるため、雑草が繁茂する前に除草剤を散布することをおすすめします。
水田雑草は大きくなると防除が難しくなるため、早めの除草が非常に重要です。
また、西日本では今年もウンカの飛来が懸念されています。
奈良県でも既にトビイロウンカの飛来注意報が発令されているため、防除所やJAからの情報にアンテナを張っておきましょう。
雑草防除、病害虫対策と必要な作業は多いですが、梅雨で蒸し暑い日が続いていますので、
熱中症には気をつけてこまめな水分補給と休憩を忘れないように農作業を行っていきましょう!

お勧め製品・ピックアップ情報のお問い合わせ

03-6361-1414
技術普及部カスタマーサービス
※国内の農薬に関するお問い合わせ(ご購入や価格についてのお問い合わせは、お近くのJAや農薬販売店などにお願いいたします)
PAGETOP